「怒り」のコントロールでキャリアアップ!【5】怒りをうまく伝えるには~効果的な叱り方

HowTo

「怒り」のコントロールでキャリアアップ!【5】怒りをうまく伝えるには~効果的な叱り方

叱る時に気をつけたい表現

・決めつけた言い方
いつも言われないとやらないよね」
必ずミスをする!」
一度も言うことを聞いたことがないね」

・人格否定をする
「バカじゃないのか!」
「本当にダメなやつだな」
「どうしようもない人だ」

・過去を引っ張り出す
「前にもこんなことあったよね、その前も……」

・威圧的に恐怖で動かそうとする
「今度言われたとおりできなかったら許さない!」

・「なぜ?!」で相手を責める
 「なぜ、ちゃんと言われた通りにやらないんだ?」

 以上の表現に気をつけ、叱る場面だけではなく、怒りを表現するときにも参考にしていただければと思います。

※第6回は2017年10月下旬に掲載予定。


■戸田久実さんのプロフィール
アドット・コミュニケーション株式会社 代表取締役、一般社団法人日本アンガーマネジメント協会理事
立教大学卒業後、大手企業勤務を経て研修講師に。2008年にアドット・コミュニケーション株式会社を設立。金融、製薬、総合商社など大手民間企業、官公庁などで「伝わるコミュニケーション」をテーマに研修や講演を実施。対象は新入社員から管理職までと幅広く、講師歴は26年、これまでの指導人数は10万人以上。主な著書に『アンガーマネジメント怒らない伝え方』『アドラー流たった1分で伝わる言い方』『苦手意識がなくなる会話術』など。
◎アドット・コミュニケーション株式会社
http://www.adot-com.co.jp/

【バックナンバー】

【1】アンガーマネジメントとは~まずは6秒ルールから
【2】「怒り」は第二次感情~本来わかってほしい感情がある
【3】怒る・怒らないの境界線を明確にしよう
【4】強い怒りにしないために見極める方法

あわせて読みたい