1分でできる!一般常識クイズ【39】 ~就活生ならおさえておきたい時事問題やマナー~

HowTo

1分でできる!一般常識クイズ【39】 ~就活生ならおさえておきたい時事問題やマナー~

 「筆記試験対策をしなければなーと思いつつ、対策本を読んでもイマイチ内容が頭に入らない……」。そんなときは、このクイズにチャレンジしてみませんか?
 問題数は5問、選択式なので1分もあれば取り組むことができます。苦手なジャンルを把握するもよし、もちろん、勉強した成果を確認するもよし。
 時事問題からマナーまで、毎回様々なジャンル(※)から出題するので、就職活動のみならず、社会人になった後も役立つ内容です。さあ、始めてみましょう!
※出題ジャンル…時事・一般常識問題(政治・経済、産業・流通、国土・環境、国際、社会・スポーツ)、国語・数学、英語、就活マナー&社会人の常識

【第39回 2月27日更新】

(★の数で問題の難易度を表しています。★=易しい、★★=普通、★★★=難しい)

問題

Q1 ★★ ジャンル:国土・環境
デジタル技術を生かして効率的に電力を使い、電力の需給を制御する電力供給網のことを何と呼ぶか?

1. スマートメーター
2. EV
3. スマートグリッド
4. メガソーラー

Q2 ★★★ ジャンル:産業・流通
2018年2月、格安スマホ事業を開始することを発表した旅行会社は次のうちどれか?

1. JTB
2. 近畿日本ツーリスト
3. 日本旅行
4. HIS

Q3 ★ ジャンル:英語
次の意味の英文になるようにするには、(  )に入る単語は次のうちどれが適切か?

あなたは自分の言うことを英語で理解してもらうことができますか? 
Can you make(  ) understood in English?

1. yourself
2. you
3. me
4. to

Q4 ★★★ ジャンル:社会・スポーツ
個人の老後資金を作ることを目的に、2017年1月から加入対象者が広がった、税制優遇のある積み立て型の投資商品を何というか?

1. iDeCo
2. 積み立てNISA
3. ふるさと納税
4. REIT

Q5 ★★ ジャンル:国際
2019年に大阪で開催されることが決まった、主要国と新興国の首脳が参加する国際会議は次のうちどれか?

1. G20
2. G7
3. APEC
4. OPEC

■問題は『日経キーワード』『時事&一般常識の完璧対策』『分かりやすさバツグン!あっという間に対策できる!最速マスター SPI3&Webテスト』『図解でわかる 時事重要テーマ100』(いずれも日経HR発行)より作成、転載、一部改
【解答・解説は、次のページへ!】

あわせて読みたい