コラム「聞かせるには、まず尋ねること」―落語をヒントにコミュニケーションのコツをつかむ―【3】

HowTo

コラム「聞かせるには、まず尋ねること」―落語をヒントにコミュニケーションのコツをつかむ―【3】

 近年、落語の人気が急上昇。この落語ブームにあやかって、落語に見るコミュニケーション術を、本コラムではお話ししていきます。
(文/山田敏弘〔岐阜大学教育学部シニア教授、専門:日本語学・方言学〕)

疑問文を差し挟むことで注意を向けさせる

 三代目桂米朝(1925-2015年)と言えば、戦後絶滅の危機にあった上方落語を中興し人間国宝ともなった名落語家。高座ではビジネスパーソンがまねをしたいコミュニケーション術を用いていました。

 愛知県出身で将棋の最年少プロ棋士、藤井聡太四段の活躍で、世は将棋ブーム。落語にも将棋を題材とした話があります。その中のひとつが「二人癖(二人ぐせ)」という話。米朝さんの軽妙なかけ合い言葉が躍動する名演目です。

 何かと「(酒が)呑める」と言う人と「つまらん」と言う人が張り合って、その口癖を言ったら罰金1000円を相手に支払うと取り決めます。何とかして相手に口癖を言わせようと計略をめぐらす話ですが、その序盤でこんなことを言っています。

「さあ、不景気やさかい、パァーッと景気直しに呑めるとこないかいなと、今晩あたりウワァーとこうなあ、一杯呑めるてな口……」
「お前その、家へ入って来てな、まだ二言か三言しか言うてへんのに、呑めるという言葉を何べん言うたと思う?」

 疑問文というのは、相手の知識にある情報を得ようとして発する言葉ですが、この「何べん言うたと思う?」は、そうではありません。相手が自覚していない情報を認識させようとして発するだけで、情報を得ようとしていない、言わば「尋ねない」疑問文です。

 尋ねていないのなら何のために発するのか。それは注意喚起のためです。人は向けられた疑問に答えようとする生き物ですから、あえて疑問文を差し挟むことで考えるようにと促し、注意を向けさせることができるのです。

あわせて読みたい