「業界」時事最新トピックス(銀行、その他業界)

HowTo

「業界」時事最新トピックス(銀行、その他業界)

 どの業界を志望するにしても押さえておきたいのは業界の「時事問題」です。背景にある社会情勢や、そのトピックスがもたらす業界や顧客など関係者への影響なども押さえておく必要があります。そして、ここが何より大切なことですが、そのトピックスについて自分なりの意見や将来の見通しについての考えを持つこと、これが就活ではとても重要なポイントです。今回のテーマは「電子決済」。銀行業界で特に重要度の高いトピックですが、電子決済が普及することでこれからさまざまなビジネスが生まれようとしています。銀行志望の人も、それ以外の業界を志望する人もチェックしてみてください。(文/武蔵野音楽大学就職課主任 兼 会計学講師 大内孝夫 ※プロフィルは2ページ目)

おなじみの「Suica」「PASMO」は電子決済の代表例

 2017年最初のテーマは「電子決済」です。銀行業界中心の業界トピックスだと思われがちですが、これを活用したビジネス展開はすでに携帯電話や交通機関、スーパーなどさまざまな業種・業界で繰り広げられています。また多くのメーカーが開発競争にしのぎを削っていますので、文系、理系を問わず多くの就活生にとって重要なテーマです。かつては電子決済といえばパソコンでのインターネット・バンキングが中心でしたが、最近は電子マネーによる決済を指す用語として使われることが多くなりました(注)。

 「Suica」や「PASMO」(交通機関系)、「WAON」や「nanaco」(商業系)などが従来のクレジットカードと一体化したことで利便性が高まり、急速に普及が進んでいます。利用シーンも駅の改札や売店、コンビニ、スーパー、飲食店、ガソリンスタンド、自動販売機など多くの場所で利用できるようになりました。

アップルペイ、アンドロイドペイの登場で普及が加速?

 また、従来はカードを利用した決済が中心でしたが、スマホやタブレット、さらには腕時計型の電子決済機能付き商品も誕生しています。特に16年10月にスタートしたアップル社の「アップルペイ」は、そのネーミングからも大きな話題となりました。一方、対抗するようにグーグルの「アンドロイドペイ」が16年12月から日本で提供されるようになりました。スマホに「Suica」など既存の電子決済機能を取り込むことで、カードも不要になりつつあります。

 ただ、見た目の手軽さばかりに目を奪われていると電子決済の本質を見失う恐れがありますので注意が必要です。そもそも「決済」とはどういうことでしょうか?

(注)現在普及は進んでいませんが、銀行のキャッシュカードで預金口座から即時決済するデビットカードも電子決済の用語としては押さえておくといいでしょう。

あわせて読みたい