社会人への第一歩!マナーのキホンを確認しよう【2電話編】

HowTo

社会人への第一歩!マナーのキホンを確認しよう【2電話編】

就活中は企業を訪問したり、社会人と連絡をとったり……と、少しずつビジネスの世界に足を踏み入れることになります。そんなとき、見よう見まねで行動していませんか? 就活を機会に、基本的なマナーを身に付けましょう。振る舞いにも自信がもて、印象も良くなりますよ。

【第2回 電話編】

 今回は電話編。
 電話の大きなメリットは、即時性。相手と会わずとも直接話ができ、お互いにレスポンスをすぐに確認することができます。一方で、話し言葉でのコミュニケーション力が問われますし、メールや手紙と違い、話の内容が記録に残らない、というデメリットも。そうした特性を理解して、就活でも効果的に電話を使いこなしたいところです。
 まずは選択式のクイズ問題で、電話のマナーを確認しましょう!

問題

1.以下のうち、企業に電話をする時間帯としてふさわしいのはいつ?

 A. 始業直後
 B. 12~13時
 C. 15時ごろ 
 D. 夕方18時ごろ

2. 面接の日時変更をお願いする電話を企業にかける際、第一声としてふさわしいのはどちら?

 A.「お忙しいところ恐れ入ります。面接の日時変更をしたいのですが…」
 B. 「お忙しいところ恐れ入ります。○○大学の○○と申しますが……」

3.電車の中で電話を受けた場合、折り返しかけ直すことにしても問題ないか?
 
 A. ○
 B. ×

4. 企業の人事担当者との電話で、正しい切り方はどちら?

 A. 相手と同時に切る。
 B. 相手が切ったのを確かめてから切る。

5. 留守番電話に「またこちらからかけます」というメッセージがあった場合も、自分から折り返したほうがいいか?

 A. 折り返したほうがいい
 B. 折り返さなくていい

解答

1.C. 15時ごろ 
企業への電話は就業時間内にするのが原則です。また、始業直後(とくに月曜日の午前中)や夕方18時前後は、業務の確認や整理などに追われる時間帯なので避けましょう。お昼休憩時もできればはずしたいですね。

2. B. 「お忙しいところ恐れ入ります。○○大学の○○と申しますが……」
電話では最初に名乗るのがマナーです。企業に電話すると、担当者につながるまで何人も経由することもありますが、その都度名乗りましょう。
受ける場合も同様で、知らない番号からの電話でも、まず名乗るようにしましょう。

3.A. ○
電話は静かな場所で使うのがマナー。電車内では電波状態が安定しない場合もあるので、「申し訳ございませんが、ただ今電車内におりますので、降りましたらすぐに折り返しご連絡を差し上げてもよろしいでしょうか?」のように伝え、折り返しかけ直すようにしましょう。いつごろ連絡できるかを伝えると、より丁寧です。
また、そもそも電車内で通話することは良いマナーではないので、最初から電話に出なくてもかまいません。

4.B. 相手が切ったのを確かめてから切る。
電話は、相手が切ったのを確認してから切りましょう。先に電話を切ると「早く話を終わらせようとしている」と誤解を与えてしまう可能性があります。
もし、両者とも切るタイミングをうかがうような状況になった場合は、電話をかけたほうが先に切るのが原則です。

5.A. 折り返したほうがいい
気づいた時点で折り返しかけるのがマナーです。

あわせて読みたい