一般常識力がアップ! 分野別 知っておきたいキーワード【3】医療・福祉

HowTo

一般常識力がアップ! 分野別 知っておきたいキーワード【3】医療・福祉
          『日経キーワード 2017-2018』

 就職活動を進めていくには、業界や社会で話題となっているキーワードを押さえておくことが大切です。キーワードを知り、理解しておけば、面接やグループディスカッション対策にもなります。またビジネスパーソンであれば、経済や産業、社会などの出来事を幅広く知っておく必要があるでしょう。ここでは“今”を理解するために重要なキーワードを業界・分野別に紹介します。クイズ形式なので気軽に取り組んで、理解を深めましょう!

 第3回は「医療・福祉」のキーワードです。

※掲載したキーワードは『日経キーワード2017-2018』(日経HR発行)より抜粋(一部改変)。さらに詳しく知りたい、関連用語も押さえておきたい、といった方は同書籍をご覧ください!

【問題】

次のキーワードの説明文の(  )内に適切な言葉を入れて、文章を完成させてください。(解答・解説は次ページ)

●キーワード1「再生医療」

 再生医療は培養した( 1 )や組織を移植し、病気やけがで損傷した体の機能を幹細胞などを用いて修復する、革新的な医療として期待されています。
 経済産業省の試算によれば、再生医療の将来市場規模予測(世界)としては、中国やインドといった新興国でも国民所得の増加などによって再生医療製品・加工品が普及し、「20年には約( 2 )円、30年には約12兆円、50年頃に約( 3 )円規模の市場が見込まれる」としています。

●キーワード2「団塊世代の2025年問題」

 「2025年問題」とは、25年は団塊の世代が( 1 )歳以上になり、人口の( 2 )割弱(約2200万人)を占めて、日本が超高齢化社会として医療・介護費用などが急増することなどをいいます。
 人数が多い団塊の世代が医療や介護を受ける側に回ることで、( 3 )制度が行き詰まる恐れが出るのではと危惧されています。

●キーワード3「ハーグ条約」

 ハーグ条約は1983年に発効。( 1 )のハーグで採択され、正式名称を「国際的な子の奪取の民事上の側面に関する条約」といいます。国際結婚が破綻し、どちらか一方の親が無断で( 2 )歳未満の子供を国外に連れ出し、もう一方の親から返還要求があった場合には、原則として子供を( 3 )に戻すことを義務付けています。応じない場合、裁判所が指定する者(返還実施者)によって強制的に子供が( 3 )に戻されます。

あわせて読みたい