就活Q&A~先輩たちの悩み相談から~【5】

HowTo

就活Q&ampA~先輩たちの悩み相談から~【5】

 就職活動に不安や疑問などを持っている人は少なくないはず。毎年、編集部には就活生から多くの相談が寄せられます。そこで、先輩たちから寄せられた質問の中から、これから就活をするときに参考になる質問と回答を、時期に合わせて紹介していきます。悩んだりしたときなどには参考にしてみてください。

 3月1日に多くの企業で採用選考情報を公開しました。すでにエントリー(プレエントリー)をした学生も多いでしょう。第5回はエントリーに関する4つの悩み相談と回答を紹介します。質問は「何社くらいエントリーをしたらいいか?」「業界の興味の幅が広げられない」「企業はエントリー数を限定しているの?」「セミナーに参加できないことは、選考に不利になる?」です。

【エントリー】何社くらいエントリーをしたらいいか?

〔学生からの質問(文系)〕
 志望企業が5社ほどしかありません。就職活動が短期決戦型になった今、どれくらいの企業にエントリーをしたほうが無難でしょうか。

〔編集部の回答〕
 エントリーは、数が決まっているものではありませんが、5社というのは少ない印象を受けます。

 先輩の内定までの平均エントリー数は50~60社でした。文系・理系の専攻によってエントリー数は異なりますし、「これだけエントリーしなければダメ」というわけではありません。ただし、エントリーをすることであなたの情報が企業にわたり、選考に関する情報が送られてくるシステムになっています。そのため選考ルートに乗るためには、あなたがエントリーしないと大事な情報が来ないのです。

 今後ですが、志望している5社を中心に企業や業界の幅を広げてみてはいかがでしょうか。広げ方としては、あなたの企業選びの条件(軸)にあてはまる企業や、志望5社に関連する企業などです。また、合同企業説明会などに参加して、実際に企業の説明を聞いてみるのもいいでしょう。

【エントリー】業界の興味の幅が広げられない

〔学生からの質問(文系)〕
 IT業界を志望していますが、ほかの業界に興味の幅を広げられず困っています。何かアドバイスがあれば、教えてください。

〔編集部の回答〕
 志望されているIT業界のほかに、業界を広げられず困っているとのことですね。ひとつの考え方になりますが、IT業界の中でもSEのみの企業、SEからプロジェクトチームを経験した後、コンサルタントへのキャリアがある企業、初めからコンサルタントという企業など様々な企業があります。また、上流工程から下流工程まで幅が広がってます。さらに、大手企業から中小・ベンチャー企業と規模が分かれていますので、一言でIT業界といっても幅広く、奥が深い業界です。志望企業の数がある程度あるのであれば、IT一本で就活するのも一つの手ではないでしょうか。

 ただ、志望企業が少なく、業界・企業の幅を広げたいというのであれば、友人などと情報交換をして、話を聞くことでヒントにつながるかもしれません。また、学内の企業説明会に参加してみれば、他の業界の話も参考になると思います。

 ひとつに決めつけないで、フラットな気持ちで業界についての情報を入手してみてもいいですね。その上で、絞るか、広げるかを考える機会にされてもいいでしょう。

【エントリー】企業はエントリー数を限定しているの?

〔学生からの質問(理系)〕
 プレエントリーやエントリーにおいて、企業は受付数を限定して、制限しているのでしょうか。

〔編集部の回答〕
 単なるプレエントリー、エントリーなら、より多くの学生を確保するという意味からみても、企業は受付数を限定はしないでしょう。ただし、企業説明会・セミナーの開催における案内メールの場合は、会場のキャパシティーや、中には学歴フィルターを行う企業もありますので、定員を設定して受け付けをします。先着順の企業の場合は、時間との勝負になってきますね。

【エントリー】セミナーに参加できないことは、選考に不利になる?

〔学生からの質問(文系)〕
 会社のセミナーや説明会(強制的ではないもの)に参加するか、しないかは、やはり選考で有利・不利に影響しますか? 私は地方の大学に通っていますが、全国規模の会社の支店で働きたいと思っています。しかし、セミナーや説明会は首都圏などの主要都市でなければ開催されず、なかなか参加できません。

〔編集部の回答〕
 セミナーや説明会は、参加が選考を受ける条件になっていなければ、それによって有利・不利になることはありません。銀行など金融機関のエントリーシートには、セミナー・説明会の参加回数を記入させるところもあります。しかし、参加回数が多ければ、選考が甘くなるということはありません。

 セミナー・説明会は、企業を理解するためのものです。企業理解は他の方法でもできます。例えば、社員の方に会って話を聞いたり、企業のホームページを見るだけでなく、新聞や雑誌などで客観的な情報を収集をするという方法もあります。参加が難しければ、他の方法で企業研究をして、理解を深めるようにしてはいかがでしょうか。

☆バックナンバー

●就活Q&A~先輩たちの悩み相談から~【1】
 https://labo.nikkeihr.co.jp/contents/howto/question01/
 ①何を基準に企業を選択したらいいのか、大学院進学も視野に入れているが……
 ②就職する覚悟ができない

●就活Q&A~先輩たちの悩み相談から~【2】
 https://labo.nikkeihr.co.jp/contents/howto/question02/
 ①自己分析はどう行えばいいの?
 ②プロ野球の球団職員になりたいのだが……
 ③自分の強みが分からない

●就活Q&A~先輩たちの悩み相談から~【3】
 https://labo.nikkeihr.co.jp/contents/howto/question_03/
 ①SPI対策は問題集1冊をこなせば大丈夫?
 ②公務員が第1志望。民間企業向けの対策も必要?
 ③事務系の仕事に興味。業界・企業研究の注意点は?

●就活Q&A~先輩たちの悩み相談から~【4】
 https://labo.nikkeihr.co.jp/contents/howto/question_04/
 ①「学生時代に頑張ったこと」が1つも思い浮かびません
 ②自己分析のやり方が分からない
 ③企業研究でIR情報を見るときのポイントは?

  • 1

あわせて読みたい