就活Q&A~先輩たちの悩み相談から~【9】

HowTo

就活Q&ampA~先輩たちの悩み相談から~【9】

 就職活動に不安や疑問などを持っている人は少なくないはず。毎年、編集部には就活生から多くの相談が寄せられます。そこで、先輩たちから寄せられた質問の中から、これから就活をするときに参考になる質問と回答を、時期に合わせて紹介していきます。悩んだりしたときなどには参考にしてみてください。

 第9回は5つの悩み相談と回答を紹介します。質問内容は「適職診断を受けたら、私は文系なのに結果は理系職ばかり……」「インターンシップの応募理由が書けない」「上がり症で緊張して、頭の中が真っ白に……」「人事担当者に説得されて、内定辞退ができない」「昔、自分をいじめた人と内定者懇談会で遭遇。今後どうしたら……?」です。

【業界・職種選び】適職診断を受けたら、私は文系なのに結果は理系職ばかり……

〔学生からの質問〕
 適職診断を受けましたが、その結果の受け止め方に困っています。私は文系なのですが、診断結果は、エンジニアや医者、研究職に適性があると書かれていました。確かに、ロボットや地球科学、物理などの分野は大好きなのですが、それらは趣味の一つにすぎません。

 文系職ではコンサルタントやシンクタンクもよく勧められますが、あまり関心が持てません。専攻は教育学ですが、奉仕する職業(教師など)には向いていないようです。この結果をどのように考えて、志望業界や職種を決めていけばよいのでしょうか?

〔編集部の回答〕
 一つの参考として受け止めてみては、いかがでしょうか。
 1.結果を尊重して、エンジニア、医者、研究職については(医者はともかくとしても)、文系で応募が可能かどうかの可能性で捉えてみてはいかがですか。
 2.同じくコンサルタント、シンクタンクについては、あまり関心が持てないということですが、職種研究を通じて実際の仕事内容をよくチェックしてから、判断されてもいいのではないでしょうか。

 次に診断の結果はさておき、あなたの就職先として、これまで大学で学んできた知識、スキルを生かすのか、生かさないのかです。向いている・向いていないではなく、必要なのはあなたの意欲、熱意ではないでしょうか。働きがいを求めて、あなた自身の可能性を広げていくためにはどうしたら、の視点でとらえてみてください。

 仕事を通して、組織の一員として自分自身が成長していくのですから、あなたが少しでも関心があれば情報を集めて、あるいはインターンシップに参加されて仕事を理解し、魅力を見つける努力を繰り返してみてください。その結果、納得のいく志望順位が決まっていくのではないでしょうか。

【エントリーシート】インターンシップの応募理由が書けない

〔学生からの質問〕
 インターンシップに応募していますが、応募理由の作り方にとても悩みます。というのも、業界がどのようなことをやっているのかよく分からず、ましてやその企業のインターンに絶対に参加したいという理由は全く分かりません。

 「名前を知っているが、この業界はどんなことをやっているのか?」「他社との違いは何か?」などを探すためにインターンに参加したいと思うのですが、応募理由の段階で落ちたら元も子もありません。どうしたらいいのでしょうか。

〔編集部の回答〕
 インターンシップへ参加しようと思われた理由、その思いを企業に伝えてはいかがでしょうか。「何のために体験したいのか? その目的は?」について明確にしておけば、どの企業にも同じスタンスで応募できますね。

 応募する企業に対して、「興味を持ったきっかけ」「応募したい理由(今まで学んできた知識、スキルがどう生かされるのか、考え方が生かせるのか、ビジネスでは何が求められているのか、今の自分には何が欠けているのか、必要なのか、など)」「企業の職場環境」「社員を通して経営理念が仕事上どのように実践されているのか」などについて知りたくありませんか。

 そして、インターン参加の機会を、気づきの場として、企業の魅力を知る場として、とらえてはいかがでしょうか。

【面接】上がり症で緊張して、頭の中が真っ白に……

〔学生からの質問〕
 周囲の友人たちは内々定を獲得し始めていますが、私はいまだに内々定がなく、正直かなり焦っています。

 極度の人見知りと上がり症のため、面接は必要以上に緊張し、頭の中が真っ白になって、言いたいことが言えません。最近は就活へのモチベーションも下がり、自信もなくなってきました。

〔編集部の回答〕
 緊張のため、面接がうまくいかないということですね。私も緊張で話している最中に頭の中が真っ白になって、途中で何の話をしているのか分からなくなることがあります。でも、そのような症状は簡単には治りません。

 そうならないために私が心がけているのは、回答の長さをあまり長くならないようにすることです。自分の話していることを理解できているだけで、だいぶ落ち着きます。

 また面接の場合、採用する側は、学生の皆さんが緊張することは十分に理解していますので、うまく話せないだけで面接不通過にすることはほとんどありません。話している内容に問題がある場合もあります。

 自分自身で回答内容を振り返ることに加えて、大学のキャリアセンターなどで模擬面接をやってもらい、改善していってください。少しずつでも良くなっていけば、内々定を獲得することができるはずです。

【内定辞退】人事担当者に説得されて、内定辞退ができない

〔学生からの質問〕
 内定辞退について質問します。2社(A社、B社)から内々定をいただいています。同業の会社です。

 最終的にB社に入社しようと決めたため、A社に電話で内々定辞退の連絡をしたところ、40分ぐらい説得されてしまい、「もう少し考え直してほしい」と言われてしまいました。B社に入社を決めた本当の理由は社員の方の雰囲気の良さであり、A社の仕事内容に不満は全く持っていません。

 電話では「家庭の事情により御社で働けなくなった」と伝えましたが、理由を深く、何度も突っ込まれ、私なりに考えて回答しても納得してもらうことができませんでした。A社の人事の方はとても優しく、「どうしてもウチで働いてほしい」と言ってくださいました。少し心が揺らぎましたが、なんとなく強引な印象も受け、やはりB社に入社したいと感じてしまいました。

 A社から内々定をもらった時に、「B社の選考は辞退する」という約束をしましたが、私はこっそりB社の選考を受けて、内々定をいただきました。良い形でA社の内々定辞退をするには、どうすればよいでしょうか。同業の会社でもあり、社会人になってからどこかでお会いするかもしれないと不安になってきてしまいました。

〔編集部の回答〕
 内定(内々定)辞退は、あなたの後悔がないようにすることが最も大事なことです。会社の人事担当者から説得されてしまい、不本意な気持ちで入社を決めてはしっくりこないのではありませんか。あなた自身が納得して会社に入社するためには、きちんと辞退をすることです。

 そのためには、諦めずに人事担当者に謝罪し、説得するしかありません。ここで、きちんとした対応で辞退していれば、将来どこかで出会っても全く問題はないでしょう。

【内定】昔、自分をいじめた人と内定者懇談会で遭遇。今後どうしたら……?

〔学生からの質問〕
 第1志望の企業への就職を決めました。しかし、内定者懇談会で、中学時代に私を精神的ないじめで、苦しめた人に遭遇しました。その時は大人数だったため、チラッと見かけた程度で終わったのですが、嫌な記憶がよみがえり、とても苦しいです。また、第1志望企業だけに辞退するのは悔しいです。この気持ちにどう対処すればよいですか。

〔編集部の回答〕
 あなたを過去にいじめた人と同じ会社に内々定したという話ですが、あなた自身はどうお考えですか? 内々定を辞退して、他の会社への就職を目指すか、それとも内々定先の企業に就職するか――。

 過去は過去として割り切って、仕事を続けられるのであれば、内々定先に就職したほうがいいと思いますが、いかがでしょうか。過去の嫌な思いがよみがえって、仕事も手につかない状況になりそうですか。

 あなたも、あなたをいじめた人も、共にお互いの実力で内々定を勝ち取ったわけですから、今は共に同じ土俵に、同じ位置で並んでいるといえます。ここから先は、仕事で相手を見返せる可能性がおおいにあるでしょう。
 
 内々定先から逃げる手もあるでしょうし、仕事で打ち負かす手もあります。どちらを選択するのか、あなたの気持ちと向き合って、自分自身で決めてください。

 私は、せっかく獲得した内々定をそんな人のために捨てるのは理不尽だと思います。まずは、仕事で頑張って見返すことを目標にしてはいかがでしょうか。その上で、また嫌がらせをするようであれば、会社に訴えてもいいでしょう。子ども時代と社会人とでは、けんかの仕方も全然違いますから。

あわせて読みたい