1分でできる!一般常識クイズ【25】~就活生ならおさえておきたい時事問題やマナー~

HowTo

1分でできる!一般常識クイズ【25】~就活生ならおさえておきたい時事問題やマナー~

 「筆記試験対策をしなければなーと思いつつ、対策本を読んでもイマイチ内容が頭に入らない……」。そんなときは、このクイズにチャレンジしてみませんか?
 問題数は5問、選択式なので1分もあれば取り組むことができます。苦手なジャンルを把握するもよし、もちろん、勉強した成果を確認するもよし。
 時事問題からマナーまで、毎回様々なジャンル(※)から出題するので、就職活動のみならず、社会人になった後も役立つ内容です。さあ、始めてみましょう!
※出題ジャンル…時事・一般常識問題(政治・経済、産業・流通、国土・環境、国際、社会・スポーツ)、国語・数学、英語、就活マナー&社会人の常識

【第25回 4月11日更新】

(★の数で問題の難易度を表しています。★=易しい、★★=普通、★★★=難しい)

問題

Q1 ★★ ジャンル:産業・流通
ビットコインなど仮想通貨の基盤を支える技術として注目されている、データの新しい管理方法の名前は何か?

1. ビッグデータ
2. フィンテック
3. VR
4. ブロックチェーン

Q2 ★★ ジャンル: 社会・スポーツ
2018年度から小学校で新たに教科とされるものは何か?

1. 道徳
2. 英語
3. 情報
4. 礼法

Q3 ★★ ジャンル:国際
2017年3月に国王が来日し、脱・石油依存の経済を目指す政策の一環として、日本とも経済関係を強化した中東の国はどこか?

1. イラン
2. サウジアラビア
3. オマーン
4. アラブ首長国連邦

Q4 ★★★ ジャンル:社会人の常識
日本の高齢者人口は、全人口のどれくらいか? 次のうち最も近いものを選びなさい。

1. 約6分の1
2. 約5分の1
3. 約4分の1
4. 約3分の1

Q5 ★ ジャンル:英語
次のうち、経済に関係する英単語はどれか?

1. Kyoto protocol
2. emissions trading
3. global warming
4. trade negotiation

■問題は『日経キーワード』『時事&一般常識の完璧対策』『分かりやすさバツグン!あっという間に対策できる!最速マスター SPI3&Webテスト』『図解でわかる 時事重要テーマ100』(いずれも日経HR発行)より作成、転載、一部改
【解答・解説は、次のページへ!】

あわせて読みたい