1分でできる!一般常識クイズ【37】 ~就活生ならおさえておきたい時事問題やマナー~

HowTo

1分でできる!一般常識クイズ【37】 ~就活生ならおさえておきたい時事問題やマナー~

 「筆記試験対策をしなければなーと思いつつ、対策本を読んでもイマイチ内容が頭に入らない……」。そんなときは、このクイズにチャレンジしてみませんか?
 問題数は5問、選択式なので1分もあれば取り組むことができます。苦手なジャンルを把握するもよし、もちろん、勉強した成果を確認するもよし。
 時事問題からマナーまで、毎回様々なジャンル(※)から出題するので、就職活動のみならず、社会人になった後も役立つ内容です。さあ、始めてみましょう!
※出題ジャンル…時事・一般常識問題(政治・経済、産業・流通、国土・環境、国際、社会・スポーツ)、国語・数学、英語、就活マナー&社会人の常識

【第37回 1月16日更新】

(★の数で問題の難易度を表しています。★=易しい、★★=普通、★★★=難しい)

問題

Q1 ★★★ ジャンル:国際
次のうち、欧州連合(EU)離脱についての手順を定めているのはどれか?

1. シェンゲン協定
2. パリ協定
3. リスボン条約
4. ポーツマス条約

Q2 ★★ ジャンル:国土・環境
二酸化炭素削減のため、航空業界で注目されている藻由来の燃料は、次のうちどれか?

1. 化石燃料
2. メタンハイドレート
3. バイオジェット燃料
4. ユーグレナ

Q3 ★★★ ジャンル:産業・流通
変革期にある自動車業界を代表するキーワードは次のうちどれか?

1. CASE
2. IAEA
3. OECD
4. MICE

Q4 ★ ジャンル:社会・スポーツ
2018年にサッカーワールドカップ(W杯)が開かれる国は、次のうちどれか?

1. ロシア
2. カタール
3. 韓国
4. アラブ首長国連邦

Q5 ★★ ジャンル:英語
次の英文の(  )に入る単語は次のうちどれか?
She worked (  ) ABC Inc.

1. by
2. out
3. in
4. for

■問題は『日経キーワード』『時事&一般常識の完璧対策』『分かりやすさバツグン!あっという間に対策できる!最速マスター SPI3&Webテスト』『図解でわかる 時事重要テーマ100』(いずれも日経HR発行)より作成、転載、一部改
【解答・解説は、次のページへ!】

あわせて読みたい