コラム「ここらで3分、会話がこわい?」―落語をヒントにコミュニケーションのコツをつかむ―【1】

HowTo

コラム「ここらで3分、会話がこわい?」―落語をヒントにコミュニケーションのコツをつかむ―【1】

 近年、落語の人気が急上昇。この落語ブームにあやかって、落語に見るコミュニケーション術を、本コラムではお話ししていきます。
(文/山田敏弘〔岐阜大学教育学部シニア教授、専門:日本語学・方言学〕)

いきなり本題って、それはなし! ~心地よい「まくら」~

ちょっとした視野の広さを示せる

 「皆さん、遠路はるばる、私の独演会にお越しくださり、まことにありがとうございます、って私のほうがが遠くから来ているんでしょうけれども(笑)。さて昨今、トランプ米大統領の発言がいろいろと問題になっていますが……」。

 落語を聞きに行くと、こういった軽い話で場を和ませて、時事ネタに移っていく。落語の本編に入る前に、長い場合には10分以上、いわゆる「まくら」が続きます。

 「まくら」は大事です。つまらない落語を聞いているときにすやすやと眠るため……ではなくて、噺家(はなしか)の創り出す世界に入る儀式みたいなもので、これがないとどうも唐突な感じがするのです。実際に仕事で遅れて会場に入ったときなどには、しばらく居心地の悪さを感じたりもします。

 人との会話でも同じこと。いきなり本題に入るのではなく、心地よい「まくら」が必要です。決してプロの落語家のように笑いを取る必要はありませんが、聞く人に合わせた軽い話もできないようでは、ビジネスパーソンとしてはまだまだです。

 「まくら」のネタは新聞を読めばいくらでも転がっています。ビジネスパーソンとしては、異業種の動向などにも目配せすると、ちょっとした視野の広さを示すこともできます。季節に合わせて歳時記から気の利いた言葉を引っ張り出すなどということもしゃれています。

あわせて読みたい