女性活躍推進の時代、男女ともに「無意識の思い込み」を超えていこう

HowTo

女性活躍推進の時代、男女ともに「無意識の思い込み」を超えていこう

 経験や価値観から、「女性はこうあるべきだ」という「無意識の思い込み」により、自分で自分にブレーキをかけている女性がいます。しかし、そんなブレーキをかける必要はありません。女性が働き続けられる環境づくりを国や企業が本格的に取り組みはじめています。
(キャリアコンサルタント・小倉 環)

自分にブレーキをかけていませんか?


 学生や若い女性の方からのキャリアカウンセリングで、将来についての相談を受けると、「仕事と子育ての両立って大変そう。うちの母は専業主婦だったので。だから私はソコソコ働ければいいんです」といった声を必ずといってよいほど聞きます。

 さらに聞いていくと近い将来に結婚の予定があるわけではないのに、まだ出会ってもいない夫、子どものために無意識のうちに自分をセーブし、可能性を自ら閉ざしてしまっているのです。

 そういった女性からの相談のとき、私はいつも「考え方は変わるものだし、先のことを今、決めつけなくてもいいと思う。その時その場で、一生懸命取り組むことで道が拓けてくるかもしれない」とアドバイスします。20代はキャリアを貯金する時期。だからこそ、自分にブレーキをかけないでほしいのです。

 大学のキャリア関連の講義で「専業主婦にはなれない」といったデータなどを見聞きし、なんとなく「働き続けなければならないんだろうな……」と頭では分かっているという方は多いです。しかし、自分の一番身近な女性のロールモデルである母親が専業主婦の場合、働き続けることになかなかイメージがつかないようです。「家庭をなおざりにするのでは?」という不安感も手伝って、自らブレーキをかけています。これは経験や価値観からくる無意識の「女性はこうあるべきだ」という思い込みから生まれているものであるともいえます。

あわせて読みたい