攻める中小企業 勝負の一手~攻めのIT経営中小企業百選より~【2】明治大学・岡田浩一教授インタビュー

News

攻める中小企業 勝負の一手~攻めのIT経営中小企業百選より~【2】明治大学・岡田浩一教授インタビュー

 国内には現在、約380万社の企業があり、このうち中小企業に分類される会社は99%以上を占めます。国内の経済基盤を支え、地域経済の活性化を担う、日本経済の「根幹」 ともいえる中小企業には、長年培った伝統を生かして年月を重ねている会社もあれば、最新のIT(情報技術)システムを導入し、独自の経営戦略を打ち出して事業展開をしている会社もあります。

 本コンテンツでは、資金や人材が限られる中でITの利活用に積極的に取り組んだ結果、一定の成果を上げ、経済産業省の「攻めのIT経営中小企業百選」に選ばれる理由となった活動事例を基に、将来を見据えてしっかりと前を向く中小企業について焦点を当てます。

 第2回は「攻めのIT経営中小企業百選」の選定委員長を務める明治大学経営学部教授の岡田浩一氏に、「攻めのIT経営中小企業百選」の選定に当たり、企業のどういった点を評価したのか、ITの利活用によって中小企業の未来が今後、どう変わるのかについて話を聞きました。

※本コンテンツは転職情報サイト「日経キャリアNET」の記事を転載しました。
元の記事はこちら>> https://career.nikkei.co.jp/contents/100sen/02/

ITの利活用による効果が出やすい製造業の応募割合多く

――最初に「攻めのIT経営中小企業百選」の応募状況や業種の比率についてお聞かせください。

岡田 「攻めのIT経営中小企業百選」の前身として「中小企業IT力経営大賞」、さらにその前は「IT経営百選」を設け、これまで10年以上にわたってIT(情報技術)の利活用に積極的に取り組む中小企業を選定してきました。攻めのIT経営中小企業百選は、2015年から3年間にわたって実施され、全国から400社を超える応募があり、前身の中小企業IT力経営大賞なども含めれば、様々な業種、業態、企業規模、地域の中小企業から2000社を優に超える応募がありました。

 統計上の中小企業の業種構成比は、卸・小売業や建設業の比率が高いのですが、応募状況という点では、製造業の比率が最も高く、次いで卸・小売業、サービス業の順になっています。製造業の応募の比率が高いのは、おそらく生産ラインとバックヤードをつなぐIT導入とその成果が見えやすいことが影響しているのではないでしょうか。

あるべき姿をイメージし、実現させるための分析と行動を明記

――「百選」の選定では、特にどのような点を評価されたのでしょうか。

岡田 「百選」は応募書類に基づき、有識者などで構成する「攻めのIT経営中小企業百選選定委員会」が4つの視点で厳正かつ公正に実施しました(*上記図参照)。主観的な見方を排除するため、すべての応募書類に複数の委員が必ず目を通す体制になっています。また書類審査に加え、書類審査で上位に入った企業を対象に、応募書類の内容が実際の現場と相違ないか、企業を訪問して直接、確認もしました。

 審査員が特に重点を置いたのは、ITを活用しての新製品、新サービスの開発力強化や情報分析による新市場開拓や顧客開拓、あるいはビジネスモデルの変革など、社外環境への働きかけが業績にどうつながっているかという点です。ITの利活用が事業の拡大や売り上げの増加に、しっかりとつながっていることが重要なのです。

 IT導入の目的を社内完結する業務効率化、コスト削減にとどめてITを利用しているだけでは、IT経営とは呼べません。自分たちの会社の経営課題を分析し、社会の変化にどう立ち向かっていくのか。きちんとしたビジョンを持ち、あるべき姿をイメージして、そのイメージを実現させるための方策を検討する。そして、経営計画を明記して、それを遂行していくことがIT経営の基本になります。その前提として「SWOT分析(※)」をしっかりしておくことが必要です。

※SWOTは「強み(Strengths)」「弱み(Weaknesses)」「機会(Opportunities)」「脅威(Threats)」の頭文字をとったもので、内的要因=強み、弱み、外的要因=機会、脅威の4つの要素で現状を把握して分析する手法。

あわせて読みたい