グローバル企業で働く魅力と採用 Interview(2)JFEスチール

News

グローバル企業で働く魅力と採用 Interview(2)JFEスチール
JFEスチール株式会社 組織人事部 採用・育成室 兼 組織人事部 ダイバーシティ推進室 西方 恵さん(撮影/Takeshi Yamashita)

 外国人学生を積極的に採用し、社内においても活躍している企業を紹介します。人事担当者に採用選考のポイントや働きやすさなどを語っていただきました。
 第2回はJFEスチールです。

※記事は『日経就職ガイド留学生 VOL.2』(2017年3月発行、日経HR)より転載。

新卒内定者の約10%は外国人 国籍に関係なく活躍しています

 鉄鋼業界は海外での市場拡大をうけ、グローバル化が進んでいます。当社も海外事業を積極的に展開しており、売上高の約半分は海外関連が占めています。

 アジアや欧米など20 拠点に海外事務所・現地法人を設け、タイ、インドネシアには100%出資の工場があります。海外提携先も多数あるほか、アラブ首長国連邦(UAE)やメキシコで合弁事業を計画しており、今後もグローバル化に注力していく方針です。

国籍に関係なく同基準で評価

 総合職の新卒は事務系と技術系を合わせて、毎年180人程度を採用しています。国内への留学生、海外大の学生を含めた外国籍の学生も採用しており、2017年春入社の内定者でみると外国人は全体の約10%、事務系に限ると約25%を占めます。出身国は中国などアジア圏の学生が多いです。

 選考は国籍に関係なく皆さん同じ基準で評価しており、重視しているのはコミュニケーション能力や調整力、チームワーク力。鉄鋼はオーダーメードで作る素材なので、例えば営業担当者であれば、顧客と技術者の間に立ってそれぞれのニーズをくみ取り、ベストな製品を納品できるようにしなければなりません。そのため採用選考では他人を巻き込んで何かに取り組んだ経験について聞くことが多いです。

 また最近は、母国との懸け橋になるということだけではなく、世界中のどんな環境や文化の中でも仕事に取り組んでいけるような資質を持った人材に魅力を感じています。

鉄鋼の魅力に共感できる人と働きたい

 鉄鋼の面白さは関連する業界のすそ野が広いこと。自分の周囲を見回せば、さまざまな製品に鉄が使われていることが分かるでしょう。当社は鉄鋼を多くの企業に提供することで、世の中の当たり前を支えて、豊かな社会を創造していくことが使命。そんな鉄鋼の魅力に共感できるような人と一緒に働きたいと考えています。

【OUR STRENGTH!】誰でも働きやすい環境を整備

 2012年に設置したダイバーシティ推進室という組織等を通じ、性別や国籍などに関わらず、誰でも働きやすい環境を整えることに、全社的に力を入れています。

  • 1

あわせて読みたい