巨大企業の研究 ~番外編~ 「マイナス金利」政策 金融志望の学生はどう理解すればよいか?

News

巨大企業の研究 ~番外編~  「マイナス金利」政策 金融志望の学生はどう理解すればよいか?

 今回は「巨大企業の研究 ~番外編~」として、日本銀行(以下BOJ(注1))が2016年1月29日の政策決定会合で決めた「マイナス金利」政策について解説します。この政策には賛否両論ありますが、ここでは金融を志望する学生が押さえておくべき基本的なポイントについて整理してみたいと思います。
(文/武蔵野音楽大学就職課主任 兼 会計学講師 大内孝夫 ※プロフィルは2ページ目)

Bank of Japan(日本銀行)の設立目的と役割

 BOJは、日本銀行法(以下日銀法)という法律の下に設立された財務省の認可法人で、日本で唯一の中央銀行(注2)です。日銀法第一条ではBOJの設立目的は、物価と金融システムの安定であると定めています。

 今回の「マイナス金利」政策はこのうち「物価の安定」を目的としたもので、2%の物価安定目標を早期に実現するため、と政策決定の公表文にも明記されています。

 BOJの役割としては、①唯一の発券銀行②銀行の銀行③政府の銀行――の3つがあります。①はお札の発行ができる唯一機関であるということです。お札を見ると必ず「日本銀行券」と印刷されています。ちなみに硬貨は政府である財務省造幣局で作られます。

 ②と③は銀行や政府と取引を行う銀行、という意味です。ですからBOJにある口座は民間銀行と政府に限られます。政府のおカネは国庫金といい、政府預金としてBOJに預けられています。経済政策は主に「財政政策」と「金融政策」に分かれますが、財政政策の担い手は政府で、主にこの国庫金を用いて公共事業などを行っています。

 一方、民間銀行の口座を通じて、BOJは自らの目的達成のためさまざまな手段に打って出ます。それが金融政策です。

BOJのマイナス金利政策の意味

 金融政策は主に、①公定歩合(注3)操作②預金準備率操作③公開市場操作(オープン・マーケット・オペレーション)――の3つに分かれます。

 民間銀行も一般の家計同様、その時々でおカネの過不足が生じます。足りなければBOJから借り、余れば預金します。足りないときにBOJが民間銀行に貸し出す際の金利を「公定歩合」といい、その利率を動かすのが①です。

 一般には物価上昇率が高いと引き上げ(金融引き締め)、低いと引き下げ(金融緩和)ます。現在の物価上昇率は極めて低いというのがBOJの認識ですから、現在は0.3%と低水準になっています。

 そして、金融システム安定のため、民間銀行は預金の一定割合(準備率)をBOJに預け入れることが義務付けられています(準備預金制度)。この準備率を動かすのが②です。

 ③は流通している国債や手形、社債などの売買を通じて市場の資金需給を調節する手法です。

 今回話題となっているマイナス金利政策とは、②準備預金操作に関するものです。従来、準備預金の超過部分に利息を付けていたところを、逆に銀行から利息を取るようにしました。「マイナス金利」政策とはこの一点のみを指しますが、結果として、国債などを取引する際の利回りにもマイナスになるものが出てきました。

 なお、今回の金融緩和政策は「3次元緩和」といわれることがあります。これは「金利」;金利水準を下に誘導する、「量」;マーケットに供給するマネー(金額)を増やす、「質」;国債のようなリスクの低い証券以外の買い取りも強化する、の3つの方向から緩和を行うことを示しています。


(注1)一般的には「日銀」と略しますが、金融関係者の間ではBOJという呼び名が一般的です。また、後に出てくる国債はJGBと略されるなど、金融業界では略語の使用が多いのが特徴です。

(注2)以下、各国の中央銀行は押さえておきましょう。米国⇒FRB(連邦準備銀行)、イギリス⇒イングランド銀行、ドイツ⇒ブンデスバンク(ドイツ連邦銀行)。

(注3)現在、日銀では公定歩合と呼ばず、正式名を「基準割引率および基準貸付利率」としています。

あわせて読みたい