NARF(17年8月開催)レポート【1】日本企業へのアジアの学生のホンネは?

News

NARF(17年8月開催)レポート【1】日本企業へのアジアの学生のホンネは?

 日経HRは2017年8月21~25日に「NIKKEI ASIAN RECRUITING FORUM(NARF) in 東京」を、東京・水道橋にある日本大学経済学部のキャンパスで開催しました。これは日経HRが日本経済新聞社グローバル事業室の協力を得て、日本企業で働きたいアジアの学生約100人を日本へ招待し、面接を行う就職支援プログラムです。

 プログラムは13年から開催しており、今回で5回目となります。昨年は招待した学生100人のうち54人が企業から内定を獲得しました。

 今回はインド、インドネシア、シンガポール、タイ、フィリピン、ベトナム、マレーシア、ミャンマー、中国の9カ国・約50大学から約90人の学生を招待。製造業、金融、サービスなどの日本を代表するグローバル企業約20社が、4日間にわたって面接を行いました。

 ここではフォーラムの様子をレポートします。第1回は学生たちに聞いた日本で働くことへの期待や不安などです。労働力人口の減少やグローバル化の進展を背景に、日本の産業界で外国人への需要が高まっていることは広く知られるようになりました。では、求められている側の外国人からみて日本企業とはどういう存在で、日本で働くということはどういった意味を持つのでしょうか。

※NARFについて詳しくはこちら
企業向け http://workjapan.nikkeihr.co.jp/html/asianfair/
学生向け http://workjapan.nikkeihr.co.jp/jp/

「モノづくりニッポン」や手厚い人材育成制度に魅力

 学生の声としてまず第一に非常に目立ったのが日本企業、特に製造業への憧憬の念です。
「モノづくりと言えば日本。技術力がナンバーワンの日本の製造業で働くことが私の夢」(インド)
「技術力の高い日本企業で働くことにずっと憧れていた」(マレーシア)

 第二に、仕事をしながら人を育てること(OJT)に重きをおく、日本企業の人材育成を評価する声も多くありました。
「入社後に親切にいろいろ教えてくれると聞いた」(タイ)
「働く人の成長を促し、絶えず成長の機会が与えられる」(中国)
「研修制度が手厚く、社員の成長を後押ししてくれる」(中国)
「日本で働けば、自分も早く完璧な存在になれる」(インド)
など充実した研修制度をはじめとする入社後の“面倒見の良さ”を、日本企業の魅力として挙げる学生も多くいました。

 第三に、「日本が単純に好き」という思いから、日本で働きたいという学生にも多く出会いました。来日した学生の大半は日本語が流ちょうで、日本への留学経験がある学生も少なくありません。
「留学してとにかく楽しく、もっと日本に住みたいと思った」(タイ)
という留学時の“成功体験”から日本での就職を志すようになった層が多いほか、
「小さいころから日本が好き」(タイ)
「日本の文化が好きで幼いころからずっと日本に住みたかった」(インドネシア)
「治安が良く、交通機関が整っている日本での生活が好き」(タイ)
という“日本愛”が大きなドライバーになっているケースも散見されました。

あわせて読みたい