留学生の就職活動【3】大学の就活支援 一橋大学(1)

News

留学生の就職活動【3】大学の就活支援 一橋大学(1)

 政府の「留学生30万人計画」などを背景に、海外から日本の大学などへ留学する外国人が増加しており、卒業後は日本で働きたいと希望する留学生も多数います。そんな外国人留学生は、どのように就職活動に取り組んでいるのでしょうか。識者へのインタビューや大学の就職支援の実例を紹介します。

 今回は、一橋大学の就職支援の取り組みについて2回に分けて紹介します。お話しいただいたのは、キャリア支援室特任講師の三浦美樹さんです。

留学生は増加傾向、9年間で1.4倍に

――海外からの外国人留学生は何人くらいいますか?

 2016年度のデータとして、学部生約4400人のうち留学生は約200人で、5%弱を占めます。大学院の修士課程と博士後期課程、専門職学位課程は約1800人のうち、留学生は約430人で約24%です(※留学生数はいずれも半年から1年程度の交換留学生などを除いた数値)。このほか外国人研究生としての留学生もいます。

 留学生の出身国・地域で見るとアジア圏が圧倒的に多く、全体の約85%はアジア出身者です。特に中国は全体の約40%を占めて最も多く、次いで、韓国や台湾が続きます。最近はベトナムから来日する学生も増えています。

――留学生数は全体的に増加していますか?

 増えています。これは交換留学生なども含めた大学全体の留学生数ですが、2007年は537人だったのに対し、16年は734人。9年間で約1.4倍に増加しました。特に修士課程の受け入れ数が増えています。

――留学生のうち卒業後に日本での就職を希望する割合は?

 修士課程の院生に限ると、約70%は日本での就職希望者です。 志望業界はコンサルタントや金融、商社が多いですね。修士課程の院生の約半数が商学研究科と経済学研究科に在籍しており、専攻と就職先とを直接結びつけて考えている留学生が多数を占めるためです。

あわせて読みたい