採用スケジュール変更の<混乱騒動記>【2】

News

採用スケジュール変更の<混乱騒動記>【2】

 2016年度(2016年4月入社)の採用では、安倍晋三首相の要請により、採用日程が後ろ倒しになった。就職活動を短期間に終わらせるようにするというのが目的だったが、結果的に長期化してしまった。なぜ狙いとは逆に長期化してしまったのかについて、今回は解説をしたいと思う。
(文/就職問題研究会 ※プロフィールはページ下部)

就活の短期化を狙ったはずが、逆に長期化した

 「就職活動を短期間で終わらせるようにしたい」と考えた安倍晋三首相の要請により、経団連などの経済団体に所属する企業は、2016年度の採用では、採用日程を後ろ倒しにした。

 具体的には、①広報活動(企業エントリー・説明会など)の解禁を「大学3年生の12月」から「大学3年生の3月」に遅らせる、②選考活動の解禁を「大学4年生の4月」から「大学4年生の8月」に遅らせる――ことになった。経団連は指針として加盟企業に通達をし、守るように促した。

 しかし、狙いとは逆に、2016年度の就職活動は大幅に長期化してしまった。

長期化の理由1:フライングする企業が多かったから

 なぜ、長期化してしまったのか?

 経団連の指針では、10月1日が正式内定日となっている。内定式を10月1日に実施する企業が多く、この日までに予定した内定者の人数をそろえていなければならない。

 前年度までは面接期間が4月1日から10月1日まで6カ月間あったが、採用日程の変更により8月1日から10月1日までの2カ月間になってしまった。面接をする期間が短すぎるので、企業はフライングをして、早めに学生と接触するようになったというのが理由の1つ。

 また、中小企業やIT系の企業など、経団連に加盟していない企業はたくさんある。これらの企業は、経団連の指針を守る必要がないので、3年生の時期から面接をし、早々と内々定を出していた。

 このため、より早い時期から就活が始まってしまったのだ。

長期化の理由2:大手企業の内々定出しが遅くなったから

 しかし、経団連に加盟している大手企業は、指針をきちんと守らなくてはならない。面接をする前に内々定を出すわけにはいかないので、2016年度の採用では、大手企業は8月1日くらいに最終面接をし、内々定をようやく出した。

 日本の学生は、たいてい大手企業に入社したいと思っている。そのため、2016年度の採用では、8月から就職活動が山場を迎えたのだ。

 大手企業の最終面接に落ちた学生は、別の大手企業の二次募集を受け始めた。できれば、大手企業で複数内定をもらい、比較してから、ベストと判断した大手企業に入社したいと学生は考える。だから、9~10月になっても、就活は続いたのだ。

 つまり、大手企業の内々定出しが遅くなったので、就活の山場は後ろにずれてしまったのだ。

長期化の理由3:中小企業が秋に採用活動をやり直さなくてはならなくなったから

 早い時期に内々定を出していた中小企業にとっても、前年度までとは異なる影響を受けた。

 6月には採用活動を終えた中小企業が多かった。こうした企業は、8月1日は内々定者に他社を受けさせないために、懇親会などを企画していた。一種の拘束である。

 しかし、内々定者は8月に大手企業の最終面接を受けるために、7月後半に中小企業に内々定辞退の連絡を続々としてきた。

 また、拘束のためのイベントを8月にしていなかった中小企業の場合でも、内々定者が大手企業から内々定をもらい、やはり辞退の連絡を8月中旬以降に続々としてきた。

 そのため、中小企業は9月から完全に採用活動をやり直さなければならなくなった。

 このころは、学生達は完全に大手企業を中心に動いていたので、中小企業から案内が来ても、あまり関心を持ってくれなかった。学生の目が再び中小企業に向くには、大手企業の採用が一段落する10月以降になった。

 そのため、中小企業の人事の中には、「採用予定人数を揃えるのに、年内ギリギリまでかかるだろう」とか「学生が卒業する直前まで採用活動を頑張るしかない」などと発言している人もいる。

 このような動きがあり、就活は前にも伸び、後ろにも伸びてしまったのだ。

 次回は、採用日程の変更の具体的な悪影響について解説する。



<プロフィール>
外資系人事コンサルティングファームのコンサルタント、メーカーの人事担当者、人材情報系のライターなど、複数のメンバーで構成。
ブログ→http://syusyokumondai.blog.fc2.com/

  • 1

あわせて読みたい