就活ビギナーの皆さんに、新聞活用のススメ 

News

就活ビギナーの皆さんに、新聞活用のススメ 
新聞の使い方について指南を受ける学生たち

 2018年卒学生の就活がスタートしています。モチベーションは高いものの、「夏のインターンシップの選考に漏れてしまった……」「情報が溢れすぎていて、何から手を付けていいのか分からない」という人もいるのではないでしょうか。
 今回はそんな就活ビギナーの皆さんに、「新聞活用のススメ」をお送りします。

【2018年卒学生、就活スタート】

 大学3年生・修士1年生を対象にした夏のインターンシップが真っ盛り。学生の間に「インターンシップ参加が内定獲得への近道」という情報が広まってきていることもあり、多くの皆さんが活動を始めているようです。 

 関心が高まっているのは企業側も同じ。就職情報サイトに掲載されているインターンシップ実施企業数は、前年よりぐっと増えています。
 これには、就活スケジュールの変更が関係しています。2017年卒学生の就活スケジュールは、3月に情報解禁となる「広報活動」が開始され、6月から面接などの「選考活動」が始まりました。面接までの広報期間が3カ月ほどしかないということもあり、夏などにインターンシップを実施する企業が増え、中には採用のための母集団形成をしようと考えている企業も少なくありません。

 こうして「選考活動の前にインターンシップを」という雰囲気が、これまでにないほど学生・企業の双方に高まっている状況があります。その中で、2018年卒の皆さんは、就活をスタートさせているわけです。

 とはいえ、インターンシップ受け入れ人数には限りがあり、選考を通るのは難関です。エントリーシートや面接で尋ねられる「学生時代に頑張ったこと」「志望動機」などの質問に対する準備不足があり、希望していた企業の選考に漏れてしまった、という人も少なくないでしょう。実はすでに就活を終えた17年卒学生の中にも、「3年生の夏に志望企業のインターンシップ選考に落ちて、就活へのエンジンがかかった」という人が多くいました。
 
 「何をどう使いこなしたら、うまく就活を進めていけるのか……」と頭を悩ませている就活ビギナーの皆さんに、オススメのツールとして「日本経済新聞(以下、日経)」が挙げられます。就活においてどのように役立てられるのか、簡単に紹介します。

【就職活動における新聞活用のススメ】

 「新聞を活用する」と聞くと、「インターネットのニュースをチェックしていれば十分でしょ?」と考える学生もいるかもしれませんね。でも新聞は、時事的なニュースを追うためだけの媒体ではありません。志望企業探しや業界・企業研究など、選考の各プロセスに大いに生かすことができる“ポテンシャル”を持っているのです。

 就活生に新聞の使い方を指南する「日経インターンシップサクセスセミナー」「日経就職サクセスセミナー」では、
 「企業選びに生かす」
 「専門紙(『日経産業新聞』『日経MJ』)で、より業界研究を深める」
 「ビジネスパーソンと同じ視点で物事を考える姿勢が身に付き、面接での受け答えを深いものにできる」
など、就活のあらゆるフェーズで新聞を活用できることが紹介されていました。

 この時期は、まだ志望企業を絞り込めていない学生も多いでしょう。ビジネス紙である日経の朝刊には、約400社もの企業のニュースが掲載されています。その中から、知られざる優良企業や、これから成長していく企業などを見つけることができます。また、知っているつもりの企業が、意外なビジネスを展開している姿にも出合えるでしょう。就活ビギナーの皆さんの視野を広げてくれる、企業情報のボリューム。これは日経の大きな魅力の一つです。
 情報が溢れている世の中だからこそ、新聞という信頼できる情報源を大いに活用し、自分でベストだと思える就活をスタートしてみませんか? 
 
【日経就職サクセスセミナー】
新聞を読むメリットやコツ、就活における生かし方などさまざまな情報を得ることができます。開催場所や日程、内容などは以下のサイトを参照してください。

◆日経就活サクセスWEB
http://www.nikkei4946.com/sc/
◆「日経インターンシップサクセスセミナー」「日経就職サクセスセミナー」
http://www.nikkei4946.com/seminar/st/

  • 1

あわせて読みたい