学生が知らない「優良中堅・中小企業」の探し方【15】「入社3年後の離職率をどう考えるべきか」

News

学生が知らない「優良中堅・中小企業」の探し方【15】「入社3年後の離職率をどう考えるべきか」
出典:厚生労働省、単位:%。大卒者の3年以内の離職率は、30%前後で推移している。特に「1年目」の離職率が高い傾向がある。

 学生が知らない「優良中堅・中小企業」の探し方の第15回。今回は、優良企業を見つけるための指標としてよく話題にのぼる「新卒入社3年後の離職率」について考えてみましょう。
(文/中小企業交流クラブ幹事・作家 三浦紀夫 ※プロフィルはページ下部)

数値を公表しない会社も少なくない

 新卒で入社した人のうち、3年以内に離職した人は何%いるか。この数値を「3年後離職率」と呼んでいて、優良企業かどうかを判断する材料の一つとされています。例えば、『就職四季報』(東洋経済新報社)の総合版、優良・中堅企業版、女子版では、掲載されている企業の「3年後離職率」の数値を掲載しています。

 この数値を把握することができれば、長く働ける企業かどうかを判断するための重要な情報になるでしょうし、いわゆる“ブラック企業”に入社することも防げるでしょう。

 総合版を見ると、大企業では10%台か、10%以下が多いようです。優良・中堅企業版では回答のない企業が大半です。大企業でもこの数値を公表していない企業は多く、総合商社や保険会社のような超大手企業の多くも答えていません。企業にとっては回答に神経を使う質問なのでしょう。

面談の場で直接聞いてみろ

 私個人の考えとして公表していない中堅・中小企業の場合は、面談の場で直接、採用担当者に聞いてみるといいと思います。応募者にとっては聞いてみたい質問ですから、採用担当者もこの質問に対する答えを準備しているのではないでしょうか。

 「約30%です」というように、はっきり答えてくれるようなら、情報をオープンにしているという点で優良企業である可能性が高いでしょう。「お答えできません」という返答なら、隠したいことがあるわけですから優良企業とはいえないように思います。

30%以下ならいいほうではないか

 厚生労働省の調査によると、大学新卒者の3年後離職率は31.9%となっています(2013年3月卒の平均値)。これを企業規模別にみると、「1000人以上」の大企業では23.6%であるのに対して、「100~499人」の企業では31.9%、「5人未満」の企業では59.0%が離職しています。従業員数が少なくなるほど3年後離職率は高くなるというわけです。
※参考 厚生労働省「新規大学卒業就職者の事業所規模別離職状況」

 私見では、中堅・中小企業で3年後離職率が30%以下なら、優良企業ではないかと思います。労働条件や待遇がひどいわけではなくても、入社後に会社の仕事や社風が自分とは合わないといった理由で辞めていく人もいますから、ある程度の退職者がいるのは自然なことともいえます。

 中堅・中小企業の多くは成長途上の企業ですから、すべての環境が整備されているわけではありません。そんな企業に入社して、「働く環境を向上させてやるぞ!」と考えるような社員を目指してみてはどうでしょうか。


【お知らせ】
2016年12月発行の『日本の優良企業パーフェクトブック 2018年度版』(日経HR発行)において、三浦さんが優良中堅・中小企業と出合うためのチェックポイントを解説しています。ぜひご覧ください!
『日本の優良企業パーフェクトブック 2018年度版』


[プロフィル]
三浦紀夫(みうら・のりお)
1952年2月、青森市生まれ。作家。明治大学政経学部卒。学生時代から編集制作会社の株式会社コアで仕事をし、卒業後同社に入社。1990年、同社代表取締役に就任。2002年、倒産。2003年、『倒産社長の告白』(草思社)を発表して著作活動を開始。他の著書に『倒産社長、復活列伝』(草思社)、『こうなったら会社はたたみなさい』(東洋経済新報社)等。2012年1月、『就活が変わる!優良中堅企業の見つけ方』(PHP研究所)を発表。新聞、雑誌の連載や講演でも活躍中。中小企業交流クラブ幹事。

【バックナンバー】

【1】はじめに……
【2】業界をよく知っている人に話を聞こう!
【3】中堅・中小企業の“安定性”を見定めるには
【4】就職情報サイトで志望企業を絞るには
【5】説明会では社長との相性を探ろう
【6】企業の成長性を見定めよう!
【7】応募した企業の社長が高齢だったら……
【8】第三者から表彰される企業を見つけよう
【9】志望企業は情報公開に積極的か
【10】中堅・中小の採用は、これからが本番
【11】中堅・中小企業が求める学生とは?
【12】内定が得られないまま年を越しそうなあなたへ
【13】中堅・中小企業には魅力がいっぱい
【14】スタッフや職場に好感が持てる会社を選べ

  • 1

あわせて読みたい