学生が知らない「優良中堅・中小企業」の探し方【18】「どんな経営ビジョンを描いているか」

News

学生が知らない「優良中堅・中小企業」の探し方【18】「どんな経営ビジョンを描いているか」

 学生が知らない「優良中堅・中小企業」の探し方の第18回。今回は、企業が描いている経営ビジョンについて考えてみましょう。
(文/中小企業交流クラブ幹事・作家 三浦紀夫 ※プロフィルはページ下部)

ビジョンを掲げず漫然と経営をしている企業が多い

 経営ビジョンという言葉を聞いたことがあるでしょうか。経営理念が企業を経営する基本的な考え方だとすれば、経営ビジョンはその理念をどのように実現するか具体化したものです。もっと分かりやすくいうと、企業の夢です。

 たとえば、「3年後にはどんな事業を展開し、こんな企業になっていたい」といった夢。これを言語化したものが経営ビジョンだといってもいいでしょう。

 ただ実際は、経営ビジョンをしっかりと掲げている中堅・中小企業はそれほど多くはありません。これまで続けてきた事業を、漫然と日々継続しているという企業が大半です。

どんな夢を持ち、どうやって実現しようとしているのか

 志望企業のホームページや入社案内には、その会社の経営ビジョンが書かれているでしょうか。書かれていたらその内容をよく吟味してください。書かれていない場合は、面談の際に「御社はどんな経営ビジョン(夢)を持ち、それをどうやって実現しようとしているのですか」と聞いてみてください。

 社内で公表され、社員の間でも共有されているのであれば、採用担当者がすらすらと答えてくれるでしょう。しかし、経営ビジョンが明確になっておらず、漫然と事業を続けているような企業では、採用担当者は返答に窮すると思います。

 この質問に対する返答を聞くだけで、その企業が優良企業であるかどうかを判断できるといってもいいかもしれません。

 現在の日本経済は成熟化していますから、この環境の中でしっかり成長を遂げていくのは容易ではありません。今後成長を遂げていく企業は、明確な経営ビジョンを掲げ、それを実現するだけのアイデアや戦略を持つ企業だと思います。

経営ビジョンに共感できる企業に入社したい

 志望企業の経営ビジョンに対して、あなたはどう思ったでしょうか。もし、「明確な経営ビジョンを持っていないな」と感じたのであれば、将来が不安です。

 逆に、経営ビジョンを知って、「なるほど!」と共感を覚えるようなら、あなたとの相性がいい企業だと思います。それならあなた自身も納得して入社することができるでしょう。ぜひ、そんな企業を見つけてください。


[プロフィル]
三浦紀夫(みうら・のりお)
1952年2月、青森市生まれ。作家。明治大学政経学部卒。学生時代から編集制作会社の株式会社コアで仕事をし、卒業後同社に入社。1990年、同社代表取締役に就任。2002年、倒産。2003年、『倒産社長の告白』(草思社)を発表して著作活動を開始。他の著書に『倒産社長、復活列伝』(草思社)、『こうなったら会社はたたみなさい』(東洋経済新報社)等。2012年1月、『就活が変わる!優良中堅企業の見つけ方』(PHP研究所)を発表。新聞、雑誌の連載や講演でも活躍中。中小企業交流クラブ幹事。

【バックナンバー】

【1】はじめに……
【2】業界をよく知っている人に話を聞こう!
【3】中堅・中小企業の“安定性”を見定めるには
【4】就職情報サイトで志望企業を絞るには
【5】説明会では社長との相性を探ろう
【6】企業の成長性を見定めよう!
【7】応募した企業の社長が高齢だったら……
【8】第三者から表彰される企業を見つけよう
【9】志望企業は情報公開に積極的か
【10】中堅・中小の採用は、これからが本番
【11】中堅・中小企業が求める学生とは?
【12】内定が得られないまま年を越しそうなあなたへ
【13】中堅・中小企業には魅力がいっぱい
【14】スタッフや職場に好感が持てる会社を選べ
【15】入社3年後の離職率をどう考えるべきか

【16】ダメな経営者を見分ける方法
【17】経営革新計画を承認された企業に目をつけよう

  • 1

あわせて読みたい